DN2研

アクセスカウンタ

zoom RSS 横山信義著「擾乱の海(2)マレー沖の雷砲」

<<   作成日時 : 2009/10/20 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

横山信義著「擾乱の海(2)マレー沖の雷砲」を読みました。
if戦記にありがちななぜか日本軍ばかりに都合のいい展開になる他の作品と違って、横山信義氏の作品は日本軍も平等?に苦戦するので、実にリアリティがあります。
(とは言っても、苦戦の末、最終的に勝つのですが^^)
そして、氏の作品の特徴として、戦史で不遇の扱いだった提督・艦船を活躍させるというのがありますが、今回のマレー沖では英東洋艦隊(Z部隊)が正しくそれに辺り、縦横無尽に暴れまわります。
通信が使えない状態での報告時間のタイムロスを計算に海軍航空隊を翻弄するZ部隊。
そして、遭遇戦による日本艦隊の各個撃破。
ロイヤルネイビーファンには堪らない内容ではないでしょうか(笑)
まぁ、死闘の末、作戦目的(マレー上陸軍の護衛)を果たし、沈没艦も日本側が少ないのはお約束です。
最後に今までと違って政情が代わる動きも匂わせています。
今後の展開が楽しみです。

擾乱の海 2 (歴史群像新書)
学習研究社
横山 信義

ユーザレビュー:
あり得たかもしれない ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横山信義著「擾乱の海(2)マレー沖の雷砲」  DN2研/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる