DN2研

アクセスカウンタ

zoom RSS 苫米地英人著「TVは見てはいけない」

<<   作成日時 : 2009/10/08 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PHP新書、苫米地英人著「TVは見てはいけない」を読みました。
最近私もTVを見なくなり、年とったせいかな〜と思ってましたが、年だけのせいではなく
明らかに劣化してつまらなくなったのだと、この本を読んで分かります。
内容は問題提起みたいに深堀はないですが、今のTV業界が駄目になった要因が色々な角度から突いています。
やはり既得権益に守られている業界は国際競争には勝てませんね。
新規参入がほぼ不可能な日本の新聞・TVは資本主義社会の自由参入が容易な他国のメディアと比べて質が劣るのもさもありなん、という感じです。

また『犯罪者の多くに共通するのが「自己評価の低さ」です。』と、自己評価を高くする事も重要性を訴えていますが
これから子育てをしていく中で結構参考になりました。

ただ、後半に「人殺し以外は何をやってもいい」というような暴論もあり、賛同出来ない意見もあります。
これに付随して「マナーを守りましょう、も洗脳のひとつ」というのも、確かにそういう一面もありますが、必要な社会規範もある訳で。
まぁ、天才は変人である場合が多かったりしますし(マナーの概念に捉われない?)、社会に大きく寄与する文化人もいるでしょうが
そういう人間ばかりだとそれはそれで変な社会になりそうです。
どちらにしても、一方通行の情報を鵜呑みにしてはいけない、という事を知る手助けになる本です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苫米地英人著「TVは見てはいけない」 DN2研/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる