DN2研

アクセスカウンタ

zoom RSS 横山義信著「擾乱の海〈1〉沈黙の真珠湾」

<<   作成日時 : 2009/10/16 18:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

横山義信著「擾乱の海〈1〉沈黙の真珠湾」を読みました。
今回は、太平洋戦争直前に「無線が使えない(夜間のみ短距離無線可能)」という、超常現象が起きたら、という設定で、氏の作品の中では一番SF的な設定になっています。まぁ、それでもぐいぐいと読んでしまう文章力は流石というところでしょうか。
ただ、氏の作品はどれも最後は艦隊決戦(水上砲撃戦)で痛みわけみたいな構成でまんねり感も出てきたかなぁ・・。
奇抜な発想はいいんですが、艦隊戦自体はブルックリン級軽巡洋艦の速射性能を活かした活躍とか、前のシリーズと同じ様な展開ですし、途中から展開が読めてしまいます。
個人的には新シリーズよりも前作シリーズの外伝的なものが読みたいかな、と。

擾乱の海〈1〉沈黙の真珠湾 (歴史群像新書)
学習研究社
横山 信義

ユーザレビュー:
超常現象まで持ち出し ...
大胆な設定、魅力的な ...
違和感が今までの作品 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
横山義信著「擾乱の海〈1〉沈黙の真珠湾」 DN2研/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる