ハワイ真珠湾・陸軍博物館

7月24日~30日ハワイ・オアフ島に行って来ました。会社のイベントや小さな子供を連れての旅なので、自分の行きたい場所にはなかなか行けなかったのですが、それでも真珠湾と陸軍博物館に行って着ました。 真珠湾は時間の関係上、アリゾナメモリアルのみ。バスも白人のグループの中日本人は私達家族のみという完全アウェー状態でした。 ガトー級…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

非常事態宣言

昨日は客先の汐留で地震に会い、歩いて帰りました。ようやく帰宅して家族の無事を確認しましたが、リビングと倉庫が凄い状態に。特に倉庫は扉を開ける事が出来ず、わずかに開いた隙間から少しずつものをかき出してようやく開いたところ、中は滅茶苦茶で1mの高さで落下物が積み重なっている状況です。 余震もありますし、これを積み上げて整理も出来ないで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

WF2011 Winter

久々の更新です。iPhonを購入して依頼、facebookの方ばかりやっておりました。スマートフォンにも慣れてきたのでこれからはこちらの方も定期的にupして行きたいと思います。 さて、今日はWFに行ってきました。人は多くなって来たような気がしますが、ミリタリー系は少しずつ勢力がなくなってきた感じです。 艦船模型ではピットロードからヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グアム戦地巡りの旅

グアムに行って来まして、レンタカーを借りて「南太平洋戦没者慰霊公園」-又木山戦闘司令部壕跡と 米軍の上陸地点となったアサンビーチ、ガーンポイント、そして特殊潜航艇が展示さえているNATIONAL HISTORICAL PARKに行って来ました。 先ず、南太平洋戦没者慰霊公園、ここは又木山戦闘司令部があった場所で、小畑軍司令官と田…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バイオハザード IV アフターライフ

「バイオハザード IV アフターライフ」観にいきました。 今回はリアル3Dという事で映像も楽しみにしていたのですが、3Dを強く意識した作品で、アクションシーンは凄い迫力でした。 アクションシーン以外にも雨のシーンとかとても印象的になっていて、上手いなぁと思う演出がいっぱいあります。 ストーリーは日本の渋谷から始まり、アンブレラが東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横山信義著「碧海の玉座〈4〉ソロモンの覇者」

横山信義著「碧海の玉座〈4〉ソロモンの覇者」を読みました。 今回でラバウル攻防戦に決着が着きます。 P38ライトニンングの中継基地を作り、再編成なった艦船群で一気にラバウル攻略を目指す米軍に対し、逆手を取って形勢逆転を図る日英軍。 今までのギクシャクとした日英間の連携もここに来て大成功を収めるといった内容です。 個人的にですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユージン・B・スレッジ著「ペリリュー・沖縄戦記」

ユージン・B・スレッジ著「ペリリュー・沖縄戦記」を読みました。今WOWWOWでやっている「ザ・パシフィック」の原作の一つです。 日本側のペリリュー、沖縄戦の戦記は多々読みましたが、これは一米海兵隊の回顧録です。 当時の戦場をリアルに再現しています。これは戦場描写だけでなくその時の感情も含めてです。 ブートキャンプでの兵士としての教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インセプション

「インセプション」観に行きました。 これは面白い映画です。なんかアドベンチャーゲームのシナリオに出てくる様な構成です。 他人の夢に入って思考に介入していくという物語なんですけど、 夢を階層立てしていて(夢の中に夢、という感じ)、更に現実と夢第一階層、夢第二階層では時間の感覚が長くなっていくというアイデアが凄い。 これによって、タ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ザ パシフィック

いよいよWOWWOWで「ザ パシフィックが始まりました。 トム・ハンクスとスティーブン・スピルバーグがタッグを組んだ「バンド・オブ・ブラザース」に続く戦争ドラマの第二弾です。 太平洋戦争モノという事でかなり期待していた作品ですよ(これを見る為にWOWWOWに入りました) さて、第一話はガダルカナル前編。上陸から一木支隊全滅までを描…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゲゲゲの女房 「連合艦隊再建」

NHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」を見てるんですが今週は「連合艦隊再建」! 水木しげるの自伝的ドラマなんですが、水木しげる自身、北部ニューギニアで片腕をなくし、戦記漫画を多数描いておりますのでチェックしてました。 水木しげるが奥さんにも手伝わせて連合艦隊の模型を作っていたエピソードは知っていたんですが、まさかそんな演出は省略され…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

兵頭二十八著「地獄のX島で米軍と戦い、あくまで持久する方法」

兵頭二十八著「地獄のX島で米軍と戦い、あくまで持久する方法」を読みました。 私は陸軍の兵器の知識はそんなにないので、各重火器・兵器ごとに性能や特性を述べる部分は非常に面白かったです。 文章は架空?のミリオタの人物と兵頭氏の対談形式です。 で、要約すると軽機と150mmクラスの重砲(対戦車戦に有効)の装備、歩兵は大円匙を持つ(塹壕用…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横山信義著「碧海の玉座〈3〉ラバウル沖海戦」

横山信義著「碧海の玉座〈3〉ラバウル沖海戦」 を読みました。 日英同盟vsアメリカの第三弾です。今回はラバウルでの消耗戦の展開で、損傷激しい英海軍に代わり、日本艦隊がアメリカ艦隊のレーダー基地破壊の阻止に向かいます。 結果、戦術的には多数の艦船を撃沈派した日本艦隊の勝利でしたが、戦略的にはレーダー基地破壊に成功したアメリカの勝ちとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オフ会やりました。

子供が出来てからうちで初のオフ会をやりました。子供がたいきょーさんが持ってきたiPadに凄い反応してましたよ。 参加した皆様お疲れ様でした。 皆さんがおススメしていた360ソフト「アラン・ウェイク」をやってましたが、バイオ好きな自分には結構ハマリやすい要素が満載でいいですね。章ごとに前回のあらすじを流す演出などアメリカのドラマみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週間赤城を作る11

週間赤城をつくる、11号まで一気に製作しました。船体が形になってきてテンションが上がってきましたよ(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横山信義著「擾乱の海〈3〉ドゥリットル強襲」

横山信義著「擾乱の海〈3〉ドゥリットル強襲」を読みました。 本作品、横山信義作品の設定の中で一番SF的なものです(地球規模の通信障害で遠距離通信不可能)。 いよいよ米軍が東京初空襲を開始し、房総沖で一大海戦が起こるというものです。 海戦の描写はいつもの様に上手い展開でアッという間に読む事が出来ました。このシリーズ、設定も奇抜ですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリス・イン・ワンダーランド

今話題のアリス・イン・ワンダーランド 3Dで観ました。 3D映画は初体験、アリスが白ウサギを追いかけてワンダーランドに迷い込むシーンは流石3D!って感じで見ごたえありました。 でも、それに慣れると以後はあまり3Dを意識しなくなりましたね。まぁそれぐらい最初の3Dがインパクトがあったという事かも知れません。 物語は原作も読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームス・H・ハラス著「ペリリュー島戦記」

ジェームス・H・ハラス著「ペリリュー島戦記」を読みました。 以前舩坂 弘氏のペリリュー島玉砕戦を読みましたが、こちらは米軍の視点から描いています。 特に日本側の戦記と違い数多くの経験者のインタビューによる構成は上陸作戦日の死闘を生々しく描いています。 これは日本側の生存者がほとんどいないので、いかんともし難い部分ではありますが、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more